【追記】『Nintendo Switch』のCPUやスペックの性能を推測!予約は1月21日9時から!

投稿日:

公式サイト:https://www.nintendo.co.jp/switch/

予約スタート!

Nintendo Switch(ニンテンドウ スイッチ)とは

任天堂が2017年3月に発売予定の、次期ハードウェアです。今回のハードウェアは据置機として楽しめる他に、携帯機としても持ち運んでゲームを楽しむことができます。詳しくはムービーをご覧ください。

主な特徴

body-switch01-frontbody-switch01-back  body-switch02-frontbody-switch02-back  body-switch03-back body-switch03-front body-switch03-side body-switch04-back body-switch04-front body-switch05-back body-switch05-front

各サイズや重量について

サイズ縦102mm × 横239mm × 厚さ13.9mm(Joy-Con取り付け時※)
※アナログスティック先端からZL/ZR突起部分までの最大の厚さは28.4mm
質量約297g(Joy-Con取り付け時:約398g)
画面静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル
CPU/GPUNVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー
本体保存メモリー32GB
通信機能無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)/Bluetooth 4.1
(TVモード時のみ、市販の有線LANアダプターを使用して有線LAN接続も可能)
映像出力最大 1920×1080ピクセル60fps
※TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
テーブルモード・携帯モードでは画面解像度に従い最大1280×720ピクセルになります。
音声出力リニアPCM 5.1ch対応
TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
スピーカースピーカーステレオ
ボタン電源ボタン/音量ボタン
USB端子USB Type-C™端子
本体の充電やNintendo Switchドックとの接続に使用
ヘッドホン/マイク端子ステレオ出力
ゲームカードスロットNintendo Switchソフトのゲームカード専用
microSDカードスロットmicroSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード対応
※microSDXCメモリーカードを使用するには、インターネットに接続して本体更新が必要です。
センサー加速度センサー/ジャイロセンサー/明るさセンサー
動作環境温度:5~35℃/湿度:20~80%
内蔵バッテリーリチウムイオンバッテリー/電池容量 4310mAh
※内蔵バッテリーの取り外しはできません。交換が必要な場合は、
任天堂サービスセンター(オンライン修理受付)で有償にて交換させていただく予定です。
バッテリー持続時間約2.5~6.5時間
※遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。 例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約3時間です。
充電時間約3時間
※本体をスリープして充電したときの時間です。
 
まだ正式に公表されてませんが、アナログスティックの大きさからサイズを割り出してる方がいるようで、それを参考にするとこんな感じです。

参照サイト:http://arstechnica.com/gaming/2016/10/how-big-is-the-nintendo-switch-an-ars-visual-analysis/

PS Vitaが960×544、New 3DSは上:800×240 下:320×240ですので、特に問題ない解像度なのかなと思います。逆にフルHDの1920×1080にしてしまうと、それだけでGPUパワーを何倍も必要としてしまうので、無難なところでしょう。

▼画像は未確認の時に寸法した画像になりますので、実際に公表されたサイズとは異なります。

switch_size01

switch_size02

 

スペックについて

NVIDIAのカスタムTegraプロセッサーを使用してるとは発表されてますが、具体的には不明です。

でも、Pascal世代のTegraプロセッサーにあたる、Tegra X2(Parker)のカスタムっぽいですね。

性能的に言うと、0.77 TFLOPSです、色々情報を探ってるとPS4やXbox one世代の表現は出来るけど、フレームレートは落ちまくりで、PS4、Xbox oneのゲームをそのまま移植ってのはかなり厳しいようです。

ちなみにPS4とXbox oneの性能は下記の通り
PlayStation4:1.84 TFLOPS
Xbox One :1.31 TFLOPS
WiiU    :0.35 TFLOPS

性能的にはWii Uよりは高いが、PS4、Xbox oneには一歩及ばずといったところです。

【追記:2017.02.17】Maxwell世代のプロセッサ 256CUBAコア(最大1GHz/1024 Flops)と言う有力な情報が出てきました!TegraX1のカスタムチップになりますかね。TegraX1なら0.5 TFLOPSほどなので、カスタムで頑張っても0.77 TFLOPSですかね(笑)

個人的にはNVlinkと言われるもので、ドック側にもTegra X2を搭載することによって、性能が向上できるような仕組みがあれば面白いと思いましたが、そんなものはないです。据置用にドックにTegra X2を乗せた物が販売されることを期待します。

【追記2017.02.20】カスタムされたTegra X1で確定ですかね。SHIELDと同じA2となっております。UDNX02-A2
SHIELDはRAMが3 GBですが、スイッチの方は4GBです。

Nvidiaの発表:https://blogs.nvidia.co.jp/2016/10/20/nintendo-switch/

>> NVIDIA NVLINK 高速インターコネクト

>> [COMPUTEX]NVIDIA,Pascal世代の未発表Tegraを公開。Tegraベースの「まだ誰も作ったことのないゲーム機」にも言及

 

価格について

29,980円+税です。高いの安いのかで言うとこんな物かなと言った感じですが、めちゃくちゃ安いかと思います。

セット内容は下記の通りです。()の表記価格は単品価格です。

  • Nintendo Switch本体
  • Nintendo Switchドック(HDMIケーブル・アダプターがセット 8,980円+税)
  • Joy-Con L / R(2本セット 7,480円+税)
  • Joy-Conストラップ×2(1個 580円+税)
  • Joy-Conグリップ(2,480円+税)
  • その他(HDMIケーブル・ACアダプター(2,980円+税)・セーフティーガイド)

本体以外のアクセサリーの合計が20,100円です。ですので本体価格は29,980 - 20,100=9880円になります。

Joy-ConグリップからJoy-Conを充電できないので注意です。充電するには、下記のJoy-Con充電グリップが必要になります。てっきり充電グリップが付いてると思ってました。

 

nintendoswitch_fuzoku

ネックとなるがJoy-Con L / Rの価格かと思いますが、これには「加速度センサー」「ジャイロセンサー」「モーションIRカメラ」「HD振動」「NFC」など、なんだかんだてんこ盛りなので高めです。ちょっと調べたのですが、加速度センサーを無線で飛ばす物が秋月電子で3,240円でしたので、ボッタクリではなく、かなり頑張ってる方なのかな。

http://akizukidenshi.com/catalog/c/caccel

それで言うと、ドックの8,980円がかなり割高です。Tegraプロセッサーを積んでるならともかく、ほぼスタンドとしてしか機能しないのに・・・

別売りでProコントローラーが出ます。価格は6,980円+税です。

 

USB タイプ-Cのケーブル購入時は注意が必要です!

今回採用されているタイプ-Cのケーブルは粗悪品が多数あり、場合によっては、Nintendo Switchを壊してしまう可能性があるのものが多数存在します。なぜそのようなことが起きてしまうのかというと、USB タイプ-C側にUSBの基準に準拠した56kΩの抵抗が10kΩだったり、なかったりするものがあるからです。そうした粗悪品を使うと最悪Nintendo Switchが破壊される可能性があるのでケーブル選びは慎重に!4gamerさんでも取り上げられてるので参考にしてください。

ゲーマーのためのUSB Type-Cケーブル購入ガイド。
安心して使えるのはどれか,全29製品で安全性を検証
http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20160427069/

モバイルバッテリーにも対応しているそうなので、定番のAnkerのモバイルバッテリーを紹介しときます。外で長時間遊ぶなら必須になりそうです。

モバイルバッテリーではないですが、外出先にコンセントがあるなら公式のACアダプターが安心ですかね。

NINTENDO みまもり SWITCH

かなり強力なお子様保護(監視?)アプリですね。

やっぱり任天堂がメインとしてターゲットにしてるのは「子供」なんでしょうね。PSとかでは考えられない。

オンラインサービス

Nintendo Switchでは、本サービスに加入することで対戦や協力などのインターネットを通じたオンラインプレイを楽しめます。

秋までは無料ですが、秋以降からは有料になるそうです。この辺はPS4やXbox oneユーザーなら気にならないのかな。ターゲットユーザーが子供なだけに、この有料化で払わない親が一定数いるかと思います。意外と子供はみんなで持ち寄ってゲームするスタイルの方が多かったりするなら問題ないですが、多少は影響があるかと思います。

以下がオンラインサービスのサービスになります。

スマートフォンで友だちと待ち合わせやボイスチャット

友だちと簡単にオンラインプレイの待ち合わせをしたり、ボイスチャットが楽しめるスマートフォン向け「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリをご利用いただけます。2017年秋の正式配信に先駆けて、一部の機能に限定したバージョンを夏に先行配信する予定です。この先行配信バージョンは無料で体験することができます。

友だちとオンラインプレイできるようになった

懐かしのソフトを月替わりで遊べる

発売当時にはなかったオンラインプレイにも対応させた、ファミコンやスーパーファミコンなどのソフトを、月替わりで1ヵ月制限なく遊ぶことができます。

サービス利用者限定の割引価格

Nintendo Switchソフトなどを、本サービス利用者限定の特別価格でご提供します。

ローンチタイトルなどについて

発表されているタイトルを見ると、サードパーティは既存の物を移植した物が多く、任天堂すらマリオカートが新作ではなくWii Uのマリオカート8が、そのまま移植されております。ゼルダもWii U用に開発していたタイトルですし、タイトル不足がもろに出ている感じです。Wii Uの寿命があまりにも短すぎた為、こんな状態になっている可能性があります。マリオの新作オデッセイが2017年冬発売なので、本当はその辺に出したかったのかもしれません。

しかし、このタイトル不足を解決する方法が1つだけあるんです。それは、すべての人に任天堂のプラットフォームでの開発環境を提供し、ゲームを開発してもらうこと!実は「Nintendo Developer Portal」ってサイトがあり、一般の方々でも登録申請出来る仕組みはすでにあり、ゲーム開発をサポートするサイトがすでに存在しています。しかし3DSやWii Uで販売されているインディースのゲームソフトは非常に少ないです。ゲーム開発者にとって非常に魅力的なプラットフォームかと思うのですが、ほぼゲームが出てません。

詳しく分からないのですが、SteamやAndroid、iOSで作られたゲームは数え切れないぐらい公開されているの、何故か3DSやWii Uではインディーズゲームがありません。あまりにもしょぼいゲームや一定の知名度がないと公開できないとか、そんな壁があるように感じます。まずこの敷居の高さをなくし、どうしようもないクソゲーでも無料で配信出来るような環境が必要なのかなと思います。

質も大事ですが、個人的には質というのは量から生まれてくる物だと思っております。Androidなんかゴミみたいなゲームが9割を占めてるかもしれませんが、そんなゴミの中から良質なゲームが生まれて、育っていくものだと思います。SteamやAndroid、iOSなどを見習ってもっと開発者がゲームを公開しやすい環境がスイッチの弱点であるコンテンツ不足を解決する唯一の解決方法かと思います。

1・2・スイッチで言うと、SteamやAndroid、iOSみたいな環境なら、みんなが勝手に作って無料で公開されるレベルです。それも何百種類も色々おもしろいゲームが出てくるはずです。その中のバカゲーがネットで拡散されて、プラットフォームへの集客にも繋がります。この辺の重要性をもっと認識して欲しいと感じます。

あと、このスイッチがPS4やXbox oneより優れている部分と言えば、スマホに酷似している点です。スマホのプラットフォームであるAndroid、iOSがありますが、これらのゲームを高画質でサクサクプレイできる。アクション系ならジョイコンを使うことにより、操作性の向上など、スマホからの移植に夢が広がります。唯一のネックがsimに対応してないので、外ではwi-fiなどが必要になるので、スマホのソーシャルゲームなど通信が必須なゲームは厳しいかな。でも持ってるスマホにテザリングで繋げてってもあるので、スマホでゲームを作っていたメーカーが本格参入してきたら面白くなるかと思います。スマホでテザリングとか言い出すと、完全に子供向けのゲーム機ではなくなるのですが・・・

≫ Nintendo Developer Portal 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
発売日:3月3日
価格:6,980円+税

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 攻略まとめwiki >>

1-2-Switch
発売日:3月3日
価格:4,980円+税

ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
発売日:3月3日
価格:8,800円+税

スーパーボンバーマンR
発売日:3月3日
価格:未定

信長の野望・創造 with パワーアップキット
発売日:3月3日
価格:9,800円+税

三國志13 with パワーアップキット
発売日:3月3日
価格:9,800円+税

いけにえと雪のセツナ
発売日:3月3日
価格:4,800円+税

ぷよぷよ (TM) テトリス (R) S
発売日:3月3日
価格:4,990円+税

魔界戦記ディスガイア5
発売日:3月3日
価格:6,980円+税

panel_snippers

いっしょにチョキッとスニッパーズ
発売日:3月発売予定
価格:1,667円+税(ダウンロード専用)

マリオカート8 デラックス
発売日:4月28日
価格:5,980円+税

panel_arms

発売日:2017年春発売予定
価格:5,980円+税

s_panel_superanka

発売日:2017年春発売予定
価格:未定

panel_splatoon2

発売日:2017年夏発売予定
価格:未定

panel_supermarioodyssey

発売日:2017年冬発売予定
価格:未定

s_panel_xenoblade2

発売日:2017年発売予定
価格:未定

panel_sf2

発売日:発売日未定
価格:未定

panel_projectoctopathtraveler

発売日:発売日未定
価格:未定

s_panel_doragonball

 発売日:発売日未定
価格:未定

s_panel_megami

発売日:発売日未定
価格:未定

thirdparty

 

まとめ

スプラトゥーンまでは様子見って方が多いのかな?個人的にはwiiの良いところと、Wii Uの良いところを足した感じでしょうか。Tegra搭載とのことなので、2、3年後にはチップを強化しつつ、互換性を保ったものが発売されそうなので、買うか迷うぐらいなら発売日に買った方が幸せかと思います。

気になった点は、子供向けのゲーム機なのに落としたら画面が簡単に割れるような設計なのが気になります。子供にこんな大きな画面むき出しの機器なんか渡したら、100%落として割るに決まってるじゃんと思うのですが、その辺のサポートの詳細が気になります。費用として1万円とか取ってくるんですかね。

 

予約について(随時更新)

2017年1月21日(土)に各量販店で予約受付を開始します。調べた限り、21日(土)の9時から販売っぽいですね。ゲオやツタヤを利用する場合は、店舗に足を運んで予約した方が確実かもしれません。事前に店舗の人に聞いた方がいいかと思います。アメリカでも13日の午前9時からamazon等で予約を開始しているので、日本でも全店9時からと言う、お達しがNintendoから来てる可能性が高いです。

マイニンテンドーストア
多数限定品やお得な特典が付いた物が欲しいなら公式ショップ一択です。2日遅れの23日にオープンです。
ゼルダの限定版やスイッチ本体とソフト1本購入した人にマイニンテンドーストアオリジナルのB2ポスターカレンダーセットのプレゼントなどもあります。
https://store.nintendo.co.jp/?_ga=1.240927232.2089796103.1484881999

≫ (『ファイアーエムブレム』商品情報追加)「マイニンテンドーストア」1/23(月)にオープン!色がカスタマイズできる「Nintendo Switch」や『ゼルダ』DELUXE版など限定商品の予約受付も!

 00000517_09 00000517_04

ビックカメラ
2017年1月21日(土)9時 ~予約受付
下記のページが購入出来るページではなく、当日はトップページから購入出来るようです。
http://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/nintendoswitch/index.jsp

トイザらス
2017/01/21 09:00~から販売開始
すでに商品が全部登録されていますが、販売されていません。
http://www.toysrus.co.jp/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001060015

Amazon
特に記載がないです。
http://amzn.to/2jewULA

ヨドバシ
特に記載がないです。
http://www.yodobashi.com/index.html

GEO
特に記載がないです。
http://geo-online.co.jp/

TSUTAYA
特に記載がないです。
https://tsutaya.tsite.jp/

オムニ7(セブンイレブン)
特に記載がないです。
https://tsutaya.tsite.jp/

 

 

この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

  • この記事を書いた人
harukin

harukin

個人的なことを個人的な視点で書いてます。 Eスポーツ、ガジェット、フィットネスなどが中心です。 ゲーム大会のイベント事業、WEB管理・作成などをしております。

-ガジェット, ゲーム, 家庭用ゲーム, 携帯ゲーム
-, ,

Copyright© ふらリズム|EスポーツやPCゲーム、ガジェットを中心に情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.