今から仮想通貨を始めるなら登録するべき取引所5選

投稿日:2017年12月14日 更新日:

仮想通貨を始める際に必要になってくるのが取引所です。これがないと通貨の取引ができません。初心者にオススメな取引所5選を選んでみました。1つでもいいのですが、どうしても買える通貨が限られてくるのと、取引所が潰れたり、ハッキングで全部のコインがなくなる可能性もゼロではないので、取引所が得意とする通貨だけを購入して、複数の取引所に通貨を置いとくのが無難です。

潰れたり、ハッキングなんてあるの?と思うかもしれませんが、2014年にMt.Gox(マウントゴックス)がハッキングされて744,408ビットコインを損失しております。最近ではnicehash(ナイスハッシュ)がハッキングされてコインを損失しております。この様に、絶対に盗まれない保証はありませんので、資産は分散させておくのがオススメです。

上級者になれば、自分のパソコンのローカルに各仮想通貨のウォレットを持ち保存している方もいます。これもハードディスクが壊れた時に取り出せなくなるなど問題がありますが、ひとつの手段として有効です。こちらの方法でもハードディスクを誤って捨ててしまい、1億ドル相当のビットコインを失ってる方もいます。

登録すべき取引所/販売所5選

取引所 対応通貨 コメント
Zaif Bitcoin
NEM
MonaCoin
Bitcoin Cash
Ethereum
ZAIF
PEPECASH
COMSA
など
仮想通貨入門としてオススメの取引所です。主要通貨を取引所形式で取引できます。日本語対応で日本円を中心に取引できます。チャットが高速で流れており、見てれば何の通貨がみんなの注目を集めているのかが人目で分かりますが、調子のいいことばかり言ってますのであまり鵜呑みにしてはいけません。非常にオススメの取引所なのですが、最近の唯一の弱点が登録完了までが遅いです。登録完了のハガキが数週間来ずかなり待たされるみたいです。必須の取引所ですのでまずは登録して、他の対応の早い取引所で始めるのも良いかもしれません。
coincheck Bitcoin
Ethereum
Ethereum Classic
Lisk
Factom
Monero
Augur
Ripple
Zcash
NEM
Litecoin
DASH
Bitcoin Cash
豊富な通貨で、日本の取引所/販売所としてはNo.1の取扱数です。一通りの主要通貨は抑えられているので、ここだけで完結してもいいのではと思うかもしれませんが、ビットコイン以外の取引はすべて販売所形式を採用しているため、取引所と比べて、購入価格が高く、売却価格が安くなってしまう特徴がありますが、それでも日本円でサクッと主要アルトコインが買えるのは魅力的です。こちらもZaif同様登録することを強くオススメします。モナコインの取扱がないので残念です。Zaifと違って登録完了までも数日で早いです。
bitbank.cc Bitcoin
Ripple
Litecoin
Ethereum
MonaCoin
Bitcoin Cash
こちらはビットコインからリップル、ライトコイン、イーサ、モナ、ビットコインキャッシュと厳選された主要通貨がすべて取引所形式で売買可能です。取り扱ってる6つの通貨に分散投資するだけで、安定した投機が望めるレベルです。意外と初心者にオススメなのかもしれません。今なら取引手数料が無料なのもオススメです。
CryptoBridge Bridgecoin
Bitzeny
MonaCoin
Litecoin
DASH
Bitcoin Cash
DogeCoin
など
ある程度、上記の取引所にこなれてきたら、普通の取引所とは違う、分散型取引所のこちらを使ってみるのも面白いかもしれません。BitzenyやDogeCoinなどのアルトコインもあるので取引の幅を海外などに広げていくなら、是非とも登録しといた方がいいでしょう。
Binance 100種類以上 中語に拠点を置くバイナンスは取り扱ってる仮想通貨が100種類以上あるなどスケールがデカいです。ビットコインの分裂で、今後◯◯ビットコイン、ビットコイン◯◯などの新通過が出てきますが、バイナンスでは取扱を行う可能性が高く、ビットコインを預けていれば、分裂時にバイナンスで所持してたビットコインの数だけ、分裂した新しい仮想通貨のコインが付与されます。2BTC以上の出金額には、本人確認が必要になるので、パスポートなどが必要になります。

販売所と取引所の違い

CMなどで有名なビットフライヤーで仮想通貨の取引をはじめた人は気づきにくいかもしれませんが、実は「販売所」形式で「取引所」形式ではありません簡単に言うと、個人間の取引ではなくビットフライヤーから購入、または売却なので、どうしても高く購入するしかなく、売る時も安く売るしかありません。分かりやすく、別の取引所「ザイフ」との比較で、ほぼ同じ時間18時44分に成立した売り買いの金額が下記の画像です。

ザイフで買ったほうが100円ほど安く買え売る時も40円ほど高く売れます。取引した時がある方ならビットフライヤーでは絶対取引しないのは一目瞭然です。100円の差額が出た場合、ザイフで1000モナ買った場合に約81万円ですが、ビットフライヤーでは約91万円掛かります。売る場合も、ザイフなら約81万円ですが、ビットフライヤーが約77万円です。買った瞬間にかなりの大損だと言うのはお分かり頂けたでしょう。

この様に、販売所と取引所の違いは覚えておきましょう。

取引所で必ず二段階認証を行う

あと取引所に登録したら、これを絶対にやって欲しいことが1つあります。それは二段階認証を必ず行いましょう。ログイン時に毎回違う6桁の数字を入力して、不正アクセスを防止する機能です。大事な資産を預けてるところです。これをやらないで仮想通貨を失っても誰も保証してくれません。

登録方法は、Google認証システムのアプリをダウンロードしてインストールします。アンドロイド端末なら、Googleのストア、iPhoneならAppストアでアプリをダウンロードしてください。インストールしたら、そのアプリでQRコードを認証読み込ませれば完了です。超簡単に導入できるので絶対やっておきましょう。どの取引所もGoogle認証システムに対応しています。

まずは仮想通貨を持つ

「まずは仮想通貨を持つ」これにつきます。どうなの?儲けられるの?あやしい!よく分からない!など、買わない理由をあげればキリがありません。1円から買える仮想通貨もあるので、まずは持ってみることが重要です。持った瞬間に得られる情報はすさまじいです。その情報を持つことで仮想通貨とは何なのか自分で答えを出して、仮想通貨を持たないと言う選択肢が出てきても良いと思います。触らずに外から批評するのはやっぱり違うと思いますし、今後のお金に関する概念が変わってくることなので、仮想通貨は一度持ってみるべきものだと思います。

この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

  • この記事を書いた人
harukin

harukin

個人的なことを個人的な視点で書いてます。 Eスポーツ、ガジェット、フィットネスなどが中心です。 ゲーム大会のイベント事業、WEB管理・作成などをしております。

-資産運用
-, ,

Copyright© ふらリズム|EスポーツやPCゲーム、ガジェットを中心に情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.