ふらリズム

ゲーム、ガジェット、ITなどの個人的なことを個人的な視点で書いてるブログです。

時間とリスクをかけない仮想通貨の手堅い運用方法を解説

投稿日:

前回、下記の記事でビットコイン購入まで進みました。

≫ 初心者に分かりやすく仮想通貨ビットコインの購入について分かりやすく解説する!

続いては、資産を使っての仮想通貨の手堅い運用方法です。仮想通貨というとたった数ヶ月で価値が10倍なんてことも現実的に起きている非常に魅力的な物ですが、逆に数ヶ月で価値が半分になったりする通貨も存在するし、ビットコインでも価値が50万から30万に下がったりと、非常に不安定でリスクの高いと言う認識は絶対に忘れないでください。

仮想通貨自体がまだ新しい未知の物過ぎて、価値は上がってっているが、この先どうなるかは分かりません。中国ではビットコインに規制を掛けたりするなど、排除の動きも活発です。ハイリスク・ハイリターンなギャンブル的な投機も出来ますが、それをやると時間も精神も持ってかれます。

そこで、長期的な運用を心がけて投機していくのがオススメです。そこで自分で以下のルールなどを作りじっくり運用するのがオススメです。ちなみに下記は私が心がけて運用している3項目になります。

1.余剰資金で運用する

これは投資(資本に投じる)ではなく、投機(機会に投じる)的な側面が強いギャンブルだということを忘れてはいけません。先行きも不明瞭だし、2014年にはマウント・ゴックスと言われる取引所が破綻してるし、消費者保護の観点でも、ようやく動き出しましたがまだまだ不十分です。

ですので、余剰資金で気長に運用することを強くオススメします。

2.一時的な乱高下に精神を左右されない

1ヶ月単位なので見れば、右肩上がりで上がってはいますが、5分単位で見たりすると乱高下が凄まじいことなんてザラにあります。買った瞬間に大暴落なんてことも普通に起こります。そんな値動きを見てると時間を消費するのもそうなんですが、精神が病んでしまいます。ですので、なるべくチャートは見ない長期的な運用方法がオススメです。

3.ハイリターン・ハイリスクな投機はしない

仮想通貨はビットコインだけだはありません。他にも無数の仮想通貨があります。ビットコインは安定してきているので、1日で倍になったりすることは、もうほぼないと思いますが、他の無名なコインでは1日で5倍、10倍になったりする仮想通貨が無数に存在しています。その辺のコインに手を出すと、分刻みで24時間見てないと不安になってしまい、精神が病んでしまいます。レバレッジなんてもってのほかです。

運用方法は「お金をドブに捨てたつもりでやる」

3つの掟にそって運用するとなると、まずは軍資金ですが、余剰資金で必ずやること!余剰資金でもないお金で100万、200万一気に注ぎ込んでやると精神衛生上あまりよろしくありません。1万~10万ぐらいの余剰資金から毎月積み立て方式でコツコツ数年かけて運用していくのが吉です。

では、どの通貨がオススメなのか?

手堅く積立ていくならこの3つ!

いずれも年単位の長期保有で上がってくると思われる通貨です。毎月少しずつ積み立てていけば大きな収益になっていくと私は考えてますが、どうなるかは分かりません。

  • Bitcoin(ビットコイン)/BTC
    すべてのはじめまり「Bitcoin(ビットコイン)」はだいぶ落ち着いてきましたので、急落することもなくゆっくり確実に価値が上がっていく通貨になっていくと思います。1ビットコイン60万超えと、1コインすら買うのが難しいですが、月に0.01コインずつなど少しづつ積立していきば、高確率で報われるかと思います。
  • Ethereum(イーサリアム)/ETH
    Ethereum(イーサリアム)も将来性が期待されている仮想通貨です。イーサリアムはハードフォーク(仕様変更)をしており、「イーサリアム(ETH)」と「イーサ クラシック(ETC)」に分離されてます。買うなら新しいETHの方をオススメします。イーサリアムについては下記のリンクを参照して見てください。
    ≫ スマートコントラクトがもたらす金融サービスの変化
    ≫ イーサリアム(Ethereum)/ ETHとは? 
  • NEM(ネム)/ XEM
    こちらも将来性が期待されている仮想通貨です。
    ≫ ネム(NEM)/ XEMとは?概要と最新情報 

余剰資金の中の余剰資金で遊ぶならこの3つ

休みの日に、monacoin(モナコイン)を1万円資金として、その日の内に買ったり売ったりを繰り返して遊ぶのもいいかもしれません。いかに時間と精神が蝕まれるかが分かるかもしれません。経験しないことには、いかに長期運用が良いと言っても、目の前で2倍、10倍っての見ると、やはり手を出したくなるものです。

  • monacoin(モナコイン)/MONA
    国産の仮想通貨として個人的には期待している通貨です。217年10月1日には時価総額は仮想通貨の中でも100位圏外でしたが、2017年10月14日には時価総額ランキングで25位に急浮上と価値が10倍近く上昇しました。今後の将来性は他の通貨同様不明ですが、日本人として一定数は持っておきたい通貨です。

  • Augur(オーガー)/REP
    胴元がいないギャンブルが出来ると話題の通貨です。日本では法律で賭博行為が禁止されてるので、これを使ったギャンブルはどうなるかは不明です。このシステムは保険などにも応用できるとのことで期待されている通貨です。
    ≫ Augur(オーガー)|未来予測市場を生み出す仮想通貨とは?
  • Ripple/XRP
    こちらも勢いのある仮想通貨です。ブリッジ通貨としての役割がメインですので、上げた下げたと言う使い方ではないのですが、儲かってる人がいるのも事実です。
    ≫ rippleのXRPがファンダメンタル的には無価値である理由

で、結局本当に増えていくの?

そこに関しては、神のみぞ知るって感じですが、簡単な話、仮想通貨の利便性がどうたらと言う話ではなく、まだまだ取引している人が少なく、これからもっと増えていくと思われますので、自然と上がっていくはずと楽観視しています。ちなみに最大手のbitFlyer は、2017 年 5 月にお客様数 60 万人に突破とのことなので、ZaifCoincheckなどを合わせれば、日本では100万ちょっとぐらいのユーザーしかいません。来年には倍、再来年にはその倍と伸びて行くかと思うので、主要コインの価値は右肩上がりで上がっていくと考えてます。

コツコツ積み立てて、取引所で遊ぶならZaif(ザイフ)オススメです。Zaif(ザイフ)ならZaifコイン積立がオススメです。自分で好きな額を毎月積み立てていくプランです。取り扱ってるコインはBTC、MONA、XEMの主要コイン3つが積立出来る点でもいい感じです。「ドルコスト平均法」使った手堅い運用方なのも初心者には良いと思います。

1万円からでも出来るので、まずは登録して手応えを掴む方が絶対いいです。このページを見てるということは、それだけ仮想通貨に興味があると言う証だと思うし、早めに手を出していた方があとあと有利になります。

≫ Zaif(ザイフ)

≫ Bitflyer(ビットフライヤー)

≫ Coincheck(コインチェック)

この記事を見てる人はこんな記事も見ています

この記事を見てる人はこんな記事も見ています

-資産運用
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ふらリズム , 2017 All Rights Reserved.