10万年後の人間の姿が宇宙人にそっくり!

いま話題になっている、人間の10万円後の顔写真です。研究者のニコライ・ラムと、ワシントン大学でゲノム関連の博士号を持つアラン・クワン博士の2人のコラボレーションで実現。2万年後、6万年後、10万年後の人類の顔です。

現在の人間

Today

2万年後、より大きな脳を収めるために脳が大きくなっている。額が広がり、目が少し大きくなっている。目はGoogle Glassの様な装置に置き換わっている。

20000-Years

6万年後

以下、Google翻訳

空間での進化は今日だけ検討され始めている間、私は地球軌道と他の太陽系スペースコロニーの有人宇宙植民地の数千年ものために選択することを推測ハザードでしょう...

1. 地球よりも太陽から遠いコロニーの調光環境に応じて、より大きな目。

2.地球の保護オゾンの外にはるかに有害な紫外線の有害な影響を緩和するため、より色素沈着した皮膚。

3.厚いまぶたまたは低効果やISSに、今日の宇宙飛行士の視力を混乱と混乱させる無重力を軽減するため、より顕著に眉のアーチ。

この時点で、連絡先や耳の上に移植ミニチュア骨伝導デバイスの通信レンズ(commlens)はタンデムで動作します。 骨伝導デバイスは、埋め込まれたナノチップで、通信、娯楽のためのいくつかの外部デバイスと通信します。

60000-Years

10万年後

以下、Google翻訳

強い、豪奢ライン、ストレート鼻、強烈な目、そして黄金比と左/右の完璧なシンメトリーに固執顔の特徴の配置:この人の顔は重く、人間が根本的に魅力的見つける機能の方にバイアスされます。 機能的なバイアスが制約上記駆動虚栄心に組み込まれます。 目は私たちにドキッとするほど大規模なように見えるとタペート芝から "目の輝き"を持っているだろう。 さらに宇宙線の影響から保護するために再導入半月襞の横に点滅は特に驚くべきことであろう。

100000-Years_feature

TVでよく見る宇宙人にそっくりになっていってるのが興味深いです。

SOURCE:What Will Humans Look Like in 100,000 Years? - What's Hot

この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

  • この記事を書いた人

harukin

個人的なことを個人的な視点で書いてます。 Eスポーツ、ガジェット、フィットネスなどが中心です。 ゲーム大会のイベント事業、WEB管理・作成などをしております。

-動画・画像
-, , , , ,

© 2021 ふらリズム|EスポーツやPCゲーム、ガジェットを中心に情報をお届け!