ふらリズム

ゲーム、ガジェット、ITなどの個人的なことを個人的な視点で書いてるブログです。

【試験運用】マイニング広告
START MININGでCPUのチカラを30%程お借りしてマイニングが開始されます。停止も出来ます。
サイト閲覧中はマイニングにご協力頂けると幸いです。

Loading...

savage2 Chapter6

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6
 
 もし、ManがSol に背くなら、彼はもちろん、子どもも、そのまた子どもも、代々永久に良いことが起きないよう罰を与えられる。しかし、悔悟するのであれば彼は救われる。

 少年が成長したころ、軍隊は再びその偉大さを主張し始めた。Jeraziahは父ほどの戦士ではなかったが、若くして素晴らしい知恵を学び、他の何よりも知識を重んじた。彼の管轄下では、科学が繁栄し、新しい武器によって人はBeastに対しての新たな戦力を得た。しかし、若い王に気づかれずして今や Beastには女王がいた。Opheliaは、人間の眼識とBeastの自然理解をあわせ持って生まれ、この世の女神の化身として、新たな人々に迎えられた。彼女は、人間として過ごした時間はほとんど覚えていなかったが、人間がBeastに対して行使した残忍な暴力には立ち会っていた。軍隊が森林を燃やし、若者を虐殺したこと、残酷な新兵器が生物の肉体や骨を溶かしたこと、神聖な寝床が爆破さればらばらになったことを、彼女は全て見ていた。

 兄弟と異なって、Opheliaは、父から、戦闘のための天賦の才能を受け継いでいた。母親から受け継いだ霊能力を通じて、深い森林でBeastらと親しく交わり、壮大な戦略を練った。彼女の支配下では、Beastたちは軍隊のあらゆる盲点を攻撃した。長い間、暴力とは無縁だった中心地に、衝撃的な襲撃がもたらされた。

ますます悪化する不和の中、知らず知らずのうちに兄弟殺しが10年続いていた。次第に移動する国境の端では、死者が増加した。立派な薪が燃やされ、集団墓地が掘られ、深い悲しみの中で、痛烈なうめきがこだました。戦争による高熱にうなされ、国王夫妻は夢の中で、父を見た。やつれ、変容していて、あやうく思い出せないところだったが、彼らは父の姿と声を覚えていた。荒廃した空地の中で、父が待つ場所で、彼らが父を見つけさえすれば、それぞれが勝利できることを、もう一方に約束した。

 軍隊を上げて、それぞれが約束された場所に向かって突き進んだ。それぞれ、支配者の先兵が互いを見合った。指導者は、敵も同じ宝を探していることを知っていた。よって、互いが互いをさらに急がせるよう拍車をかけていた。夜明けになり、その2つの軍隊は、互いがただ広い地を隔てて配備していることに気づいた。中心には、悪魔のような歓喜をたたえた、やつれて、気が狂った状態のGrimmが立っていた。

 軍の支配者は、ほぼ自発的に指令を出した。あらゆる種類の魔力により、空気中にひびが入った。人間の兵器の爆破、野獣戦士の遠吠え、および、無くなったもの全ての悲鳴が、大虐殺のシンフォニーかのように、地に響きわたった。Opheliaと Jeraziahはともに、大きくなる恐怖の中で、戦地で次々と命を投げる人々を目にした。

 大虐殺は、雷のようなひびが、集まった軍隊の耳をふさぐように襲いかかり、終わりをむかえた。一瞬、静寂があたりを襲った。地面は、Grimmが立ったところで振動して、鳴動して、パックリと裂けた。炎、灰、溶岩が流れ出した。硫黄の臭気は空地に充満した。穴の端から、鉤爪が現れた。そしてもう1つ。さらにはもっと。地獄から背筋を伸ばして、100もの悪霊が出現し、再びNewerthに戻った。

Hellbourneが再びやってきた。

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ふらリズム , 2017 All Rights Reserved.