ふらリズム

ゲーム、ガジェット、ITなどの個人的なことを個人的な視点で書いてるブログです。

ふらリズム ビックバナー

savage2 Chapter2

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6
Beast(野獣)がかじをとった時代が終わり、SolはManに支配権を与えた。Solが人そのものに行使した支配権であった。
Beast(野獣)がかじをとった時代が終わり、SolはManに支配権を与えた。Solが人そのものに行使した支配権であった。

暗黒の時代は、Manが動物として存在していた唯一の時であり、動物はManとして自然に存在していた。おそらく、Manの愚かさによって、これらに肉体が備えられ、偽の神であるManの、偽の子どもが急速に増えていった。創造主に背を向けていた Manはすぐに、創造主が自らに背を向けていたのだと気づいた。

理由は何であれ、動物的な本能と略奪者のズルさから、恐ろしいほどの知性を身につけ始めていた。ただ1つ、ただ1回ではなく、いくつも、幾度もそのような生物が誕生し、人影のなかった地に新たな種が広がり、新しい地球が誕生した。彼らの体は変化した。Manのように立つための足ができ、何かを掴むための指ができた。この新しいBeastはManと動物の混血児のようであった。

当初、この進化系生物は新たに知性を備えていたにもかかわらず、自滅、略奪、捕食というMan の遺産を抱えていた。潜在的に知性があったことは明らかだが、その進化に追いつけず、Beastはしばらくの間以前となんら変わらない存在であった。

戦いが起こった地では、森の中、暗い湿地、ジャングル、どこにおいても、牙には牙で向かい、鉤爪には角で立ち向かった。粗雑な洞窟、わずかな食料で生息していたManは新顔にはほとんど注意を払わなかった。感じる恐怖は大きくなり、いくつかは異なっていたかもしれないが、自分が捕まえた生物、あるいは捕まえられた生物は、これで全てなのかということが専らの関心となった。多くは変化し、ほとんどが忘れさられていった。

不運で無知なManは、繁殖すること、戦うこと、繁栄すること、学ぶことをBeastに残した。その中で、彼らは文明の基盤を形成していった。神より、地球と繋がろうとする彼らのやり方は自然だった。Beastは自然の木々や風雨にさらされた岩で家を作り、静かな湿地や木立を教会にした。彼らはここに集い、母地球を崇拝し、それらを形成した力や、今もなお進化する世界について学んだ。

しかし、年月が経ってもなお、Beastは完全に世界を支配することはできなかった。彼らは Manを捕まえ攻撃したが、決して破壊を求めることはなかった。Manには服従するというSolの厳粛な法があったが、無知がゆえ、彼らは堕落した支配者を、他の愚かな動物と同じように、あるいはBeastが発見した神の遠い親類としてとらえた。

人類は長い間、未開の時代に底深く沈んでいた。弱い人類は幕を閉じた。そして、新しい時代が始まった。岩は道具となり、棒はやりとなった。洞窟から這い出し、小屋と粗雑な祭壇を作った。獲物の皮で裸を覆った。仲間が夫婦になった。家族ができ、部族として集まった。Manの舌は話すことを覚え、それにより、計画することを可能にした。ちょうどManが、未知の敵が戦争に集結するのを見ていたように、 BeastもManが戻ってくるのを待っていた。Beastは至るところに点在し、決まって季節を巡らす不変の地球に慣れすぎて、今やManが以前のように小さな獲物を追うのでなく、群れを成して獲物を追っていることに気づかなかった。Manは高慢になり、存在を誇示したため、いかなる生物も最終的には餌食となるのだった。

Manは傲慢にBeastを捕まえ始めたため、BeastはManの真意に気づいた。儀式的集会で神聖な条約が作られた。Beastは互いの意志を共有していたため、群れが方向を変えるとき、子どもが離れた我が巣へ帰るときにも、言葉というものはいらなかった。

Beastは別々の群れで、あるいは、単独で攻撃することも時にはあったが、集団でManを攻撃した。 Manは悪霊がこれまで直面したことのないほどの獰猛さで抵抗したが、この戦争により、世界で2回目の人間狩猟が行われることになった。破壊の縁、絶望のどん底に落とされたManはもはやその侵略者に世界を譲り渡さざるを得なくなっていた。

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ふらリズム , 2018 All Rights Reserved.