savage2 Chapter4

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6
 
「必要とあらば、闘士を送る。私の弟子も地球から通りぬけられないだろうから。」とSolは断言した。
本当にそれは起こった。

 闘争中の一族が大きく分裂し、時に結合は不可能だと思えたときには、偉大な武勇を持つ天才、Maliken Grimmが出現した。Grimmはマホメット教の根本に反抗し、兄弟であるManをつぶす方法を探すのに全力を注いだ。古代が地に降下して以来出現した人々の中で、ただ1人Grimmは、点在するSolの弟子の大きな力で世を1つに結合させる作戦を企んでいた。

 人類の勝利は全ての罪を正当化すると確信し、再びManによるBeastの支配を目指して、彼はすすんで自らの救済を犠牲にしても、次々と他の一族との戦争に着手した。やり方は残忍であり、手下の戦士はたゆまぬ訓練を受けた。まず最初にBuilder(建設者)を確保し、どんな敵の武器にも匹敵することのないほど強力な武器をManの地域に供給した。次に教会の規律整理に目を向けた。鉄や金のようなものを巧みに使い、Man魂の精通、アーチ形の教会、文明化する中でいまだ隔離された未開の地に改革運動をもたらす伝道軍を求めた。よって、今や彼が所有する軍隊にはSolの司祭の恩恵と慰めが注がれていた。

 最も大きな試練に直面していることに気づいたのは、何世紀もの間、Manの国境を守っていた未開人に彼が立ち向かった時だった。殺伐とした12年の間、軍隊は混乱していた時と同じくらい勇敢に敵に向かい、丘や森林の中に侵入した。未開の地にあったものは、男性、女性、子どもまでも戦闘に出た。年をとったものたちは、杖をやりのように鋭くして、軍隊に加わった。軍隊が占領した地すべてにスパイが多く潜んでいた。出くわうもの全てが流血に慣らされていた。ついに、未開地に残った戦士は団結して軍隊に立ち向かい、最後には命がけの戦闘になった。しかし、絶えずBuilderに補充され、司祭者に救われるGrimmの戦士の確固たる進軍の前では、彼らの強気な勇気や勝利欲は消え失せてしまった。挙句、自由を誇示していたSavage(未開人)までもGrimmに忠誠を誓い、その軍隊に結合された。

 最後の戦闘で疲れきり、血まみれになっていたため、Grimmは最後の敵よりすばしっこく、かつ見つけにくい敵に立ち向かおうとする欲望をほとんど失っていた。彼は密偵に偵察に行かせた。多くの兵士部隊が遠く離れた荒野に向かったが、誰1人戻るものはいなかった。そのような破滅の運命をもたらしたのがManだったろうか、BeastだったろうかGrimmは知る由もなかったが、200が消え失せた後、自ら選りすぐった戦士の一行に、偵察の指導者を探し出すよう仰いだ。

 Beastが潜む暗い地を歩き回っていたあるとき、彼は、空虚な草原に、ぽつんと存在する小屋、しなびた異端者が出てくる恐ろしい夢に苦しめられた。時間を壊し、こちらを手招きして、何かを約束する…それが何かは分からなかったが、彼を無性にさせた。しかし、彼がその悪夢の本質を探る前に、軍隊は偵察の一団に包囲されていた。

 決定的な弓は全てのManに向けられた。兵士らは防盾と斧をふり上げた。司祭は祈りと呪いを吟唱した。しかし、動じないGrimmは兵士らに落ち着くよう指示した。偵察一団から、たいそう美しく、氷青の目をした女王が現れた。名前はAndraste といった。この瞬間、それぞれの指導者は互いに、己を、大胆不敵で征服され得ないものだと知った。

 虚弱な感情に耐えられるようになって以来、彼らの心には、愛というより、敬意の念が大きく広がり、互いの結束もすぐには崩れ得ないものとなった。長い間、忠実な兵士を務めてきた彼らは静かになり、支配者の存在に気づいた。戦闘は終わったように見えた。兵器が下ろされ、手が発達した。Manは1つの旗のもとに集まった。

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6

この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

投稿日:


comment

Copyright© ふらリズム , 2018 All Rights Reserved.