ニューヨーク近代美術館にパックマン、塊魂などのゲーム14作品が収蔵!

投稿日:


ニューヨーク近代美術館(MoMA)に、日本でもお馴染みのパックマンや塊魂など14作品が収蔵されることに決定いたしました。評価基準はグラフィックが良いとか、キレイなコードと言ったことではなく、プレイヤーとゲームの相互作用、インタラクションデザインに重点を置いています。

以下、全14作品

  • Pac-Man (1980)
  • Tetris (1984)
  • Another World (1991)
  • Myst (1993)
  • SimCity 2000 (1994)
  • vib-ribbon (1999)
  • The Sims (2000)
  • Katamari Damacy (2004)
  • EVE Online (2003)
  • Dwarf Fortress (2006)
  • Portal (2007)
  • flOw (2006)
  • Passage (2008)
  • Canabalt (2009)

日本で馴染みのあるのは4、5本って言ったところでしょうか、ゲーム好きの私から見ても異論は特にない、よく考えられたラインナップだと思います。実は塊魂以外はすべてプレイ済み! 塊魂は2004年なので日本のゲームに見切りをつけてた時期なので、話題になってるのは知っていたがプレイしてない・・プレイしたほうがいいのかな。

また、下記のタイトルも今後収蔵予定とのこと!

  • Spacewar! (1962)
  • assortment of games for the Magnavox Odyssey console (1972)
  • Pong (1972)
  • Snake (originally designed in the 1970s; Nokia phone version dates from 1997)
  • Space Invaders (1978)
  • Asteroids (1979)
  • Zork (1979)
  • Tempest (1981)
  • Donkey Kong (1981)
  • Yars’ Revenge (1982)
  • M.U.L.E. (1983)
  • Core War (1984)
  • Marble Madness (1984)
  • Super Mario Bros. (1985)
  • The Legend of Zelda (1986)
  • NetHack (1987)
  • Street Fighter II (1991)
  • Chrono Trigger (1995)
  • Super Mario 64 (1996)
  • Grim Fandango (1998)
  • Animal Crossing (2001)
  • Minecraft (2011)

マグナボックスのオデッセイの全タイトルってのが、ちょっと納得出来ない気がする・・

SOURCE:MoMA

[amazon asin=4896100964,4904293185,4896373065,4048707329&template=iframe image]

この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

  • この記事を書いた人
harukin

harukin

個人的なことを個人的な視点で書いてます。 Eスポーツ、ガジェット、フィットネスなどが中心です。 ゲーム大会のイベント事業、WEB管理・作成などをしております。

-PCゲーム, WEBゲーム, ゲーム, スマホゲーム, 家庭用ゲーム
-, , , , , ,

Copyright© ふらリズム|EスポーツやPCゲーム、ガジェットを中心に情報をお届け! , 2018 All Rights Reserved.