ふらリズム

ゲーム、ガジェット、ITなどの個人的なことを個人的な視点で書いてるブログです。

【試験運用】マイニング広告
START MININGでCPUのチカラを30%程お借りしてマイニングが開始されます。停止も出来ます。
サイト閲覧中はマイニングにご協力頂けると幸いです。

Loading...

savage2 Chapter5

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6
 
 地球が太陽から方向を変え、昼が夜になった。さらに回転し、夜は昼になった。Manと太陽は1つになった。

 Grimmの強い意志に影響され、また、Beastやその生息地に関するAstarteの素晴らしい知識に導かれ、ManはNewerthに文明を復活させると約束して再征服の戦いを始めた。次々と繰り広げられる戦闘に、Beastはねぐらや穴を追い払われ、大量に虐殺された。頭蓋骨は武器や要塞となり、鉤爪や牙は勇敢な軍人らのネックレスとなった。国王夫妻が君臨する限り、敗北など誰にも考えられなかった。

 まもなく、Grimmは、たとえ自分が死んでも、人類はマホメットのように消滅しないだろうと確信し、Astarteに後継を求めた。口には出さない不安が心をよぎってはいたが、Grimmと人々のために、彼女は同意した。胎児が女王の子宮で活気づくにつれ、空虚な未知の地へ呼び寄せるGrimmの悪夢が蘇ってきた。両者は、不安をぬぐい、軍隊を支配し続けようとしたが、時が経つにつれ、何か不吉なことが起こりそうな予感を確信していった。

 そして、予感は的中した。軍隊の王の後継者で、子どもながら恐ろしい力を持った Jeraziah GrimmがMalikenとAstarteの間に生まれた。しかし、彼は母親の身体から時期尚早に裂けるように生まれてきたので、血まみれで致命的な状態だった。その地で最も力を持つ医師さえも、出血を止めることができなかった。最も学識のある司祭も、彼女の冷たい肉体に生命を吹き返すことはできなかった。王子は生まれ、女王は命を失った。

 彼女を失った衝撃で、GrimmはBeastの絶滅を指導者に託し、息子の養育を最も信頼する相談相手に委ねて、絶望に陥った。首都Adkarnaを歩きまわり、喪に服し、国中にある偉大な大聖堂に黙祷した。5年間、彼は苦しみから逃れられなかった。

 Sylviaという女性に出会ったのは、そんな風に彼が放浪しているときだった。亡き夫人と似てか似つかずか、黒髪で高慢な彼女を、王国の端にある村で見つけた。彼女は無言だったが、彼へ思いを伝えるのに、言葉は必要なかった。Grimmは彼女への欲望に悲しみを忘れ、すぐにその新しい女王を連れてAdkarnaに戻った。Grimmは新たな精力で主権を取り戻したが、まるで別人のような男性だったことはすぐに明らかになった。女王は言葉を発することなく、彼の魂を支配し、全てはGrimmを救うため、すぐに本来の残酷な性質を現した。彼女が介入したことによって、しばらく軍隊の成功は維持され、軍隊の勇気と司令官の知恵も衰えることはなかった。しかし、豪華な宮殿のために金がふんだんに費やされ、異議を唱えていたものが落ち着き、突然の襲撃で最も勇猛だった兵士が死ぬと、軍隊の勝利への道は幕を閉じた。

 Grimmの賢い評議員は女王に話すことで、あえて自身の怒りを掻き立てる危険を冒そうとはしなかった。自らの支配者を信じ、彼がすぐに彼女の恐ろしい勢力に気づくことを望んだ。しかし、彼女が子どもとともに大きくなったとき、彼らの心に恐怖が襲ってきた。彼女は、いったん彼の子どもを生むと、幼いJeraziahを殺し、自分の子を後継にしようと企むだろうと、彼らは気づいた。彼らはこっそりと王子を連れ去り、学者兼聖職者が集う、遠く離れた安全な修道院に持っていった。ベッドに、同じような表情をした農民の少年の死体を並べ、呪いと悪知恵を使って、彼だと分からないように隠した。

王は再び悲しみに暮れたが女王Sylviaとの間に新たな娘が誕生したため、いくらかはその悲しみを紛らした。Opheliaは、ずる賢い子どもだったので、彼女の母を厭った人の心さえもすぐに惹きつけた。何が起きているのかを悟らせないよう、しばらくの間、陰謀者らは子どもに愛情を注いだ。彼らは、その少女が、母の心を穏やかにし、王に新たな知恵をもたらすことを望み、祈った。しかし、何も起こらなかった。

 数十年にして初めてManはBeastに地を割譲し、古い要塞や防衛のための国境は陥落した。支配者の死、新女王の不首尾により、偵察らは遠い地まで漂流し、隠遁生活に戻り始めた。

陰謀者らは、城の猟犬とともになおも危険な旅に出るOpheliaを嘲り、早熟な馬術に笑いを浮かべていたが、一方で女王Sylviaを滅ぼそうと慎重に企んでいた。手間取るうちに、状況は困難になっていった。女王にはいつも、忠誠な護衛が取り囲んでおり、王国のあらゆる場所に警官が隠れていた。それにもかかわらず、評議員は、兵器や魔力を準備して、策略を練った。

 女王が、王の寝室を出るときを狙って、陰謀者らは警官を襲った。しかし、そんなとき、彼女はただ手を挙げて稲妻を爆破させ、警官も、暗殺を図ろうとしたものもみな殺しにした。生存者は、彼女が稲妻に照らされたとき、一瞬、コウモリのような恐ろしい Beastの形に変化する姿を目撃した。鋭いモズとともに、その怪物は再び手を挙げると、あたり一面は真っ暗になった。

 再び、今度は巨大な猫のように形を変え、Sylviaらしきその猫は、Opheliaの部屋をめがけて、城内をまたたく間に通過した。騒ぎで目を覚ましたGrimmは、城にふらふらと入り込み、Beastが大急ぎで走っていくのを目撃した。彼は、戦闘用の刀を握り、追いかけた。

 Grimmは妹の部屋でその生き物を追い詰めた。巨大な猫の首を両腕で抱える少女の前で、猫はあごを穏やかに閉じた。Grimmは、虐殺しようと刀を振りかざしたが、Beastの目を見た瞬間、それがSylviaであることに気づき、自分がどれほど最悪なことを行おうとしていたのかとはっとした。妻と娘が死に向かっていたことを知り、ひどく悲惨な気持ちになり、地にふさぎこんだ。

 ついに、陰謀者の視覚が元に戻り、時代は終わった。彼らは、王、女王、姫が荒野に消えるのを見た。軍隊に無政府主義の風潮が漂うことを恐れ、彼らはすぐに隠れていた王子Jeraziahを呼び戻し、青二才の王にした。王室が消滅したために、彼らは暗殺をBeastの責任にして、事実を隠し続けることを誓った。

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ふらリズム , 2017 All Rights Reserved.