ふらリズム

ゲーム、ガジェット、ITなどの個人的なことを個人的な視点で書いてるブログです。

【試験運用】マイニング広告
START MININGでCPUのチカラを30%程お借りしてマイニングが開始されます。停止も出来ます。
サイト閲覧中はマイニングにご協力頂けると幸いです。

Loading...

savage2 Chapter3

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6
 
Manは光に降り注がれ、再び光を目指そうと奮闘した。

 Manは必死に戦い、それに劣らず村々は激しい木造の柵で防御したが、敗北に敗北が続いた。人間はまだ点在しており、深い悲しみの中でさえ、彼らには疑いの念が浸透していた。

世界中で、数十の言語が話され、24の神が崇拝され、2000の侮辱が思い起こされた。意味のない反目、利己的な日和見主義、臆病者の裏切りによって当初の結束は全て打ち砕かれていった。

 盲目のマホメットが現れたのはこの時代だった。あまりに長く太陽をみていたため視界が麻痺し、Solの視界に助けられた。彼は5人の戦士兼弟子の一群に案内、保護され、神の教えを仲間に思い起こさせながら新しい地球を旅行した。強い声と優しい手で、虚弱を排除され、Manの心にあった堕落した精神を目覚めされられ、死のベールから純粋を取り戻しさえした。旅は危険で悲惨なものだった。彼は多くに愛されたが、血で赤く染まった手、罪で黒く汚された魂の持ち主により、旅の行く手を阻まれたからであった。この意地悪なManたちは、海で溺れた愚者が助けを求め仲間をつかもうとするときには両者を破滅させ、神にしがみついてくるものには、待ち伏せて、毒入りの食事を与え、マホメットに刀を引かせることさえあった。毎回、罪深いManと貪欲なBeastを殺し、 the Fiveが彼を守っていた。Solの言葉が広がり、至るところで、理性を備えた光が再びManのもとに輝き始めた。

 しかしながら結局、命限りあるものの宿命から、ずっと昔の戦闘でthe Fiveによって夫を殺された妻の罠にはめられ、マホメットは消滅した。マホメットの死とともにthe Fiveは教義を記録し、別々の道に分かれた。堕落した師の反射光に照らされ、the Fiveはこの騒然とした時代にManにとっての指針となった。Beastを恐れるもの、単なる存続以上を求めようと努力する勇気を持つものがそれぞれに群がった。弟子の弟子にわたるまで、これら避難民は選ばれし指導者の地位を引き受けていった。ある一族は神聖なテキスト、the Codex Solarisの研究への崇敬を放棄し、世俗の道を避けた。あるいは、マホメット殺人者にほとんど狂人のようにされた戦士に先導され、Beastの猛攻撃を制御しながら人間の地の周辺を流浪するだけのものもいた。また、3分の1は山に行き、強固な意志と実力ある腕でManが滅びた都市を再建し、忘れられていた芸術を取り戻し始めた。しかし、またある一族には、マホメットの死を非難し、沈黙を守り、仲間を置き去りにするものもあった。長く、Manを餌食にしていた生物に忍び寄り、Beastをとりまく領域の本質を探求した。能力と素晴らしい知恵を自由に操る5番目のManで、最後の弟子は人間の領域の中に判断基準を定め、Manのために新たな地球を開墾する軍隊を手下に建てて、世界の隅々までSolの崇拝を広げることを誓った。

 the Fiveの兄弟愛は生涯続いた。時代が流れ、終わりなき戦いに生涯を捧げた人たちによって、Beastの脅威は湾に残された。人類は再び争いあった。the Five一族のそれぞれがいぶかしげに他を見た。時が経つにつれ、一族はますますそれぞれの道に専心するようになり、互いの距離はただ遠ざかるばかりだった。総力戦のように集結することはなかったが、ManとBeastのそれぞれの攻防は長く続いた。

Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ふらリズム , 2017 All Rights Reserved.