【OTWD】OVERKILL's The Walking Dead プレビュー

投稿日:2018年11月2日 更新日:

ベータ版プレビュー

ゲームプレイ

クローズドβに参加した感想です。ウォーキング・デッドのノロノロゾンビを忠実に再現しており、音などに反応してゆっくり迫ってきます。TVシリーズを見ていた方は、「何であんなノロノロ歩くゾンビに殺されんだよ!オレなら棒一本でサクサク倒せる!」と一度は思ったことはないでしょうか。このゲームの中では実際にノロノロゾンビを相手に、銃器や棒など倒していくことができ、近接武器で一撃し倒せるウォーカー相手にみごとに殺されました。

TVシリーズのノロノロゾンビがいかに脅威的な存在なのかをまざまざと見せつけられました。TVシリーズお馴染みの突然背後から襲ってくるゾンビも何で気づかないんだよと、思った方もいるかと思いますが、こちらもゲーム内で見事に再現されており、背後から突然やられます。

TVシリーズを見てバカにしてた自分が恥ずかしいぐらいにTVシリーズと同じマヌケな死に方をします。突然背後にリスポーンとかではないです。本当にゆっくり遠くから近づいてきて背後をやられます。

この忠実な再現はみごとと言うほかないです。

ゲームは大きく分けてキャンプを守る防衛モードと、遠くの街まで物資を探しにいくミッションの2つがあります。街に物資を探し行くミッションは、ゾンビの他に第3勢力として武装した人間も登場し、人間 VS ゾンビ VS 人間の三つ巴の戦いも発生します。プレイした物資を探しに行くミッションのプレイ時間は20分~30分ぐらい掛かる長いミッションです。敵に見つからず遠距離から狙撃したり、結構慎重な作業も多いです。

アクション要素だけなはなくキャンプを運営するシム的要素も含まれており、一定のミッションをクリアーすると物資が減っていったりします。あとサバイバーと言われる仲間もミッション中に連れて帰ったりすると仲間が増えて、仲間が自動でミッションをこなしたり、キャンプの強化を行ったりすることができます。

ウォーキング・デッドの体験ができる再現性は非常に高く、今までにない感じのバランスのFPSゲームです。

ノーマルの難易度も結構高めでBETA時のクリア率も全体で50%以下です。全員が初見ということもありますが、中々の低さだと思います。

アクション

銃の弾が貴重品でウォーカーに撃っているとすぐ弾がなくなりますので、ウォーカーは近接武器で倒すのが基本となります。攻撃をしっかり頭に当てないと死にません。そのため頭や攻撃のタイミングを狙いすぎて空振りして襲われるなど多々起こります。攻撃を当てた時の爽快感はありますが、スタミナ要素があるので、ガツガツは倒せないです。

ファミリーは気づかれる間に倒すのが基本です。気づかれると、銃で攻撃してくるのと、頭を狙わないと中々殺せないので強いです。ウォーカーより厄介です。銃で撃った時に当たってるか分かりづらいので、この辺は修正して欲しい。

ノイズメーター

このゲームにはノイズメーターなるシステムが存在し、ウォーキング・デッド同様に騒げば騒ぐほど、ノイズメーターが上がりゾンビが寄ってきて増えてきます。一度上がったノイズは下がることがないので、銃の発砲をすればするほど、敵とのドンパチが長引くほど、ノイズメーターが上がりミッション難易度が上がっていきます。スマートに敵を倒すことが要求されるので、ギスギスオンラインになる要素は満載です。しかし難易度がMAXまで上がってもクリアー不能とまではいかずにクリアーすることはできます。

マルチプレイのマッチング問題

初見プレイは爽快感もなく、手強いゲームの印象なので、プレイする人口はかなり限られた数になりそうです。値段も6000円とAAAタイトルと同じ値段なので、ここでの脱落もかなり多そう。2980円ぐらいに出来なかったのかと悔やまれるお値段です。

1人でも出来ますが、ノーマル難易度でも4人で協力してプレイするのが前提の難易度になっているので、1人プレイは少々つらいです。

致命的なのはSeason1の段階で10個のミッション×4つの難易度と遠征、防衛は難易度変更なし?なので、最低でも52個のマルチプレイマップがあります。これだけ数があると常時数万人は最低でも欲しいです。PAYDAY 2ぐらいの人口は欲しいですね。しかも遠征と防衛は期間限定のミッションになっているので、相手にもその期間限定のミッションが出てて、同じ時間にそのミッションを選ばないとマルチできないので、どれだけ集まるのか不安です。

ブラウザ機能があれば、どのくらいの人が、どこのミッションをやっているのか見えるし、空いてるミッションに入りやすいので、導入して欲しい機能です。最高難易度のこのミッションやりたいけど、人がいないって時に、ブラウザで最高難易度でプレイしている人を表示して、空いてるところに入るとかできるので便利だと思います。

現状のままだと、ひたすら待つか、別のミッションをランダムで選んで人がいるのか確認しなくてはいけないので、かなり遊びにくくなります。

人がいればすべて解決案件ですが・・・

この6000円って値段と、この高難易度を買ったユーザーが、どう評価するのかがカギになると思います。

ゲームとしては、面白いんだけど基本苦行のマゾゲーだと思うので、カジュアルユーザーがウォーキング・デッドの名前に釣られて買った日には不評の嵐だと思う。そのための6000円なんですかねぇ・・・

人が多い発売直後にみんなとワイワイやらないと、ノーマル難易度とかアイテムドロップが期待できないので、速攻で過疎ると思います。

BETAもキーばら撒いてた割にはそんな盛り上がってなかったしどうなることやら・・・

RPG要素

キャラクターにはレベルがあります。レベルが上がるとスキルポイントが付与されるので、好きなスキルに振り分けて強くすることができます。また、武器にも強さがあるので、何度も周回していいアイテムを集めるハクスラ要素もあります。レベル上げて強いアイテムを集めて高難易度に挑戦するレールはあるので、RPG要素は結構楽しめます。

まとめ

色々問題は山積みですが、プレイ自体は面白いので、購入済みなのでガッツリプレイ予定です。IP物ですが、手堅く作られており開発の本気度を伺えます。最高難易度の「OVERKILL」がどれくらいマゾいのかにもよりますが、エンドコンテンツ不足が若干あるんじゃないのかと思っております。RPG的部分がWarhammer: Vermintide 2と似ているし、Vermintide 2ではエンドコンテンツ不足になって荒れてたのでどうなるか心配です。個人的にはインフレを起こしつつ延命するのがいんじゃないかと思っています。

ミッション攻略動画などは別記事です!

この記事を見た人は、こんな記事も見ています!

  • この記事を書いた人
harukin

harukin

個人的なことを個人的な視点で書いてます。 Eスポーツ、ガジェット、フィットネスなどが中心です。 ゲーム大会のイベント事業、WEB管理・作成などをしております。

-OVERKILL's The Walking Dead, PCゲーム, ゲーム, ゲーム攻略まとめwiki, 家庭用ゲーム
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ふらリズム|EスポーツやPCゲーム、ガジェットを中心に情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.